東京八王子西ロータリークラブ

TEL:042-649-3751お問合せ:info@hachioji-west-rc.org

委員会活動計画

 

クラブ奉仕委員会

委員長:石森 浩元

本年度は、副会長、クラブ奉仕委員長を拝命いたしました。各委員会と協力し、ロータリアンとして地域社会へ貢献して参りたいと思います。
また会員の増加に伴い、会員間の交流を推進する意味でも例会出席を促し、ロータリアンの意識を高め、ロータリー活動が楽しいものとなるよう考えていきたいと思います。
一年間よろしくお願いいたします。

出席・財務委員会

委員長:河西 成幸

現在、過去多かった時の会員数に匹敵するクラブになってきました。しかしいくら人数だけ増えても出席率は70パーセント台が多くロータリーの出席が奉仕の原点ということからは大きく離れてしまっています。
簡単にできるメーキャップの周知を図ることは無論のこと、各会員紹介者の方にも責任を持って出席を促していただきたいと思います。ニコニコボックスは義務ではありませんが、奉仕活動の一環だと思い会員の方々のご協力をお願いします。

広報委員会

委員長:原 巌

広報委員会では、例年通り、対内的対外的な広報を充実させるため、経験豊富な委員と新規の委員の皆様と協力して、前進してまいります。
会報は本年度も20号の発行を目指します。ホームページも情報を更新しながら、会員の皆様の利便性を高め、会員でない皆さまにも楽しんでいただけるように努力してまいります。
皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

親睦・家族委員会

委員長:金子 裕二

本年度峰尾会長の標語「温故知新が変化を生む」が出されました。
この標語を踏まえ、ベテラン会員と新会員の融和を図るために充実した行事を実施していきたいと思います。副委員長さん3名と各委員さん方と共に盛り上げていきたいと思います。会員や家族の皆様が楽しく親睦が深まる一年となるように頑張ります。
多数のご参加をお願いいたします。

職業分類R情報委員会

委員長:塚本 達二

我がクラブの会員数は一時は68名まで減少しましたが、福山年度に114名まで回復し、会員数では多摩地域ナンバー1のクラブに戻りました。
当委員会では新会員と、この5年以内に入会した会員に対し、ロータリーの理念やRI、地区との係わり合い、そして東京八王子西ロータリークラブの歴史や活動を重点的に伝え、サポートしていきたいと思います。
大石創元副委員長、福山眞吾委員と力を合わせて当クラブの発展のため努力して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

プログラム委員会

委員長:蔵本 健

2018-2019年度プログラム委員長を務めさせて頂きます。ロータリー活動の中で根幹をなすのが例会です。特に卓話は各々の職業とは違った分野の知識や情報が得られる貴重な機会です。プログラムの委員長は初めてでありますが、楽しくそして色々な知識や情報を得られる有意義な例会にしていきたいと思います。
委員会メンバーには白柳副委員長、小杉副委員長、石井パスト会長、菊池会員、西川会員、及川会員、榊田会員、相川会員と経験豊かなメンバーですので、各委員の方々と協力していろいろな企画をしていきたいと考えています。
会員の皆様には卓話をお願いする場合や講師のご紹介をお願いする場合もあるかと思いますので、その際はご協力の程よろしくお願いいたします。そして不慣れな点も多くご迷惑等おかけするかもしれませんが、一年間頑張りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

会員増強選考委員会

委員長:塩野 明

現在八王子西ロータリークラブは、110名を超えるクラブとなることができました。
クラブの維持、運営の為に増強委員はもちろん、会員の方にもお力添えをいただき活動しています。本年度は、過去最高の120名を目標に掲げ、色々な角度から情報を発信し当クラブに興味を持っていただけるよう積極的に推進していく所存でございます。
会員の皆様におかれましても、お仲間、ご友人に入会を勧めて頂きますようご協力をお願い申し上げます。

職業奉仕委員会

委員長:諸星 宗幸

職業奉仕委員会の活動は、ロータリー会員の皆様がそれぞれの職業を通して、その有用性や尊さの自覚をもって、社会に奉仕するものとされています。
今年度は、副委員長に中村晋也会員と宮原真吾会員、委員として田辺隆一郎パスト会長、野口文男パスト会長、神辺和幸会員、小林潔正会員、桂田公男会員、笠井豊会員の全9名で活動いたします。
本年度の活動は、継続事業として社会奉仕、国際奉仕、新世代の各委員会と共に八王子市教育委員会との共催による「読書感想画・感想文コンクール」の実施です。特に今年度は入賞者を台湾に派遣する活動を中心にしていきたいと考えています。
また、この事業に関連して、過去に台湾派遣を行った人たちのその後を追跡することも事業として考えております。台湾派遣がその人にどのような影響を与えたかを聞き取りすることによって、この事業(特に台湾派遣)の成果を考える機会としたいと考えております。
4委員会が中心で事業は進めますが、全会員の皆様の協力なくしては成し得ないものと思っております。ぜひとも1年間よろしくお願いいたします。

社会奉仕委員会

委員長:平沼 北斗

2018年~2019年度の社会奉仕委員長を努めさせて頂きます。
副委員長に鳥羽正浩会員と田中伸幸会員、委員に安藤謙治会員・馬場榮次会員・坂下幸夫会員・城所正雄会員・森崎博之会員の8名で1年間活動を取り組んでまいります。
社会奉仕委員はロータリークラブ、奉仕の心を大切に責任のある行動と地域活動を強化し進めていきます。
本年度も継続的な事業を引き継ぎ、職業奉仕・国際奉仕・新世代委員会と四委員会合同事業としています、八王子市と共に市内小学生、中学生を対象に読書感想画・感想文コンクールを実施いたします。
その優秀作品の受賞者を対象に国際社会への対応を考慮し、八王子市の海外友好姉妹都市へ交流派遣する事業を計画しております。
会員皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

国際奉仕委員会

委員長:黒須 弘道

今年度国際奉仕委員長を務めさせて頂きます。読書感想画・感想文コンクールは、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、新世代の4委員会継続事業として6年間八王子市教育委員会と共催として実行されてきましたが、今年度は今後どのように運営していくか検討する時期だと思います。
次世代を担う八王子の子供達と台湾高雄市や現地中学校との交流は「国際理解、親善、平和の推進に寄与する奉仕活動を行う」との趣旨に基づき引続き何らかの形で継続したいと思います。
委員会は市川隆、高橋光康、両副委員長に村内道昌、石田初雄、小泉邦夫、藤巻泰、福田邦人の8名で一年間運営してまいりますので皆様のご協力をお願い致します。

新世代委員会

委員長:田村 肇

本年度は地区重点項目の一つに「ローターアクトクラブの増大」があります。提唱クラブである当クラブ当委員会としましても八王子ローターアクトクラブの会員拡大をバックアップし、様々な分野でのフォローをして参ります。
また、四委員会合同の事業を他の委員会と協力して成功に導きたく思います。
池田勝会員、町田修一会員に副委員長をお願いし、委員はパスト会長であらせられる西村輝成会員、樫﨑博会員、三浦眞一会員、及び伊藤則久会員、石岡祐司会員になっていただきました。経験豊かな皆様から貴重なご意見を頂きながら一年間歩んでいけたらと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

R財団・米山委員会

委員長:山口 覚

当委員会は、副委員長に大石和春会員と羽田三根夫会員、委員に加藤政利会員、関谷芳弘会員、萩原照久会員、安藤磐会員の7名により一年間の活動をして参ります。
ロータリー財団は、世界における教育支援、貧困救済活動を行い、世界親善、世界平和を目指します。
米山奨学委員会は、日本で学ぶ私費外国人留学生に奨学金を支給し支援することにより、日本文化を理解して頂き、将来日本と世界各国を結ぶ「親善の懸け橋」となり、ロータリーの世界運動の良き理解者となる人材の育成をして参ります。
ロータリー財団、米山奨学金制度は、寄付金により賄われております。
会員各位にご理解とご支援を賜りたく、宜しくお願い致します。

SAA(会場監督)

倉田 正

本年度のSAAは岡本、宮澤、関、秋間正好、松島、岸田、角田会員7名の会場監督補佐と共に充実した例会となる様担当してまいります。
ロータリークラブの基本は例会であり、楽しく充実した例会であれば出席の意欲もわき、出席率の向上につながると考えております。
関連委員会と連携の上、楽しい例会が開催出来る様、司会進行、私語への警告、食事の手配等々配慮した運営に努力してまいります。
会員皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

↑ PAGE TOP